前に戻る 次へ進む
ナルコレプシーなどの中枢性過眠症


ICSD-2の8つの分類の中の3番目のカテゴリーです。正式な名称はHypersomnias of central origin not due to a circadian rhythm sleep disorder, sleep related breathing disorder, or other cause of disturbed nocturnal sleep (中枢性の過眠症、ただし概日リズム睡眠障害、睡眠時呼吸障害、および夜間熟眠困難の他原因を除く)です。


このカテゴリーは12の診断名から構成されています。ICSD-1との大きな相違は、症状や原因などによりナルコレプシーや特発性過眠症がさらに細分類されたことです。(カッコ内は ICD-9の対応コードです)
  1. Narcolepsy with cataplexy(情動脱力発作を伴うナルコレプシー) (347.01)

  2. Narcolepsy without cataplexy(情動脱力発作を伴わないナルコレプシー) (347.00)

  3. Narcolepsy due to medical condition(身体疾患によるナルコレプシー) (347.10-11)

  4. Narcolepsy, unspecified(特定不能のナルコレプシー) (347.00)

  5. Recurrent hypersomnia(反復性過眠症)
      Kleine-Levin syndrome(クライネ・レビン症候群) (327.13)
      Menstrual-related hypersomnia(月経関連過眠症) (327.13)

  6. Idiopathic hypersomnia with long sleep time(長時間睡眠を伴う特発性過眠症) (327.11)

  7. Idiopathic hypersomnia without long sleep time(長時間睡眠を伴わない特発性過眠症) (327.12)

  8. Behaviorally induced insufficient sleep syndrome(睡眠(行動)習慣によって引き起こされた睡眠不足症候群) (307.44)

  9. Hypersomnia due to medical condition(身体疾患による過眠症) (327.14)

  10. Hypersomnia due to drug or substance(薬物あるいは物質による過眠症) (292.85)

  11. Hypersomnia not due to substance or known physiological condition(Nonorganic hypersomnia, NOS)(物質や既知の生理的状態によらない過眠症 [非器質性過眠症、NOS]) (327.15)

  12. Physiological(organic) hypersomnia, unspecified (organic hypersomnia, NOS)(特定不能の生理的(器質的)過眠症 [器質性過眠症、NOS]) (327.10)

ICSD-1では内在性(身体の中に起源を有する)睡眠障害の中に、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群などが含まれていました。ICSD-2では、中枢性起源の過眠症として、ナルコレプシー、特発性過眠症、反復性過眠症などを同じカテゴリーとし、睡眠時無呼吸症候群などは別のカテゴリーとなりました。

Copyright © 2006-2007 Kaminsho-Land All Rights Reserved.