前に戻る 次へ進む
小児の閉塞性睡眠時無呼吸症候群
Obstructive sleep apnea, pediatric


ICDS(第2版)において、閉塞性睡眠時無呼吸症候群が成人と小児に細分類されました。


小児の約2%が本疾患に罹患していると報告されています。乳児と青年の罹患率は不明です。


診断基準 (ICSD-2)

A 子供の世話をする人から、睡眠中のいびき、もしくは、不自然なあるいは閉塞性の呼吸症状の報告がある。

B 子供に世話をする人から、以下の項目に少なくとも1つ該当する報告がある。
  1. 吸気中に、本来とは反対に胸部が内側に動く。

  2. 覚醒行動(Movement arousals)

  3. 発汗

  4. 睡眠中の頸部の過伸展

  5. 日中の過度の眠気、過活動、あるいは攻撃性

  6. 成長の遅れ

  7. 午前中の頭痛

  8. 二次性の夜尿症

C 睡眠ポリグラフによる所見による、1時間に1回以上の呼吸イベント(無呼吸あるいは低呼吸)
(注:低呼吸に関する基準となるデータはほとんどない。この基準は将来、よりよいデータによって見直されるかもしれない)

D 睡眠ポリグラフにより以下の a あるいは b のいずれかが該当する。

a 以下の所見が、少なくとも1つ認められる。
  1. 呼吸努力の増加に一致して、睡眠からの頻繁な覚醒

  2. 無呼吸エピソードに一致して動脈酸素の不飽和化

  3. .睡眠中の高炭酸ガス血症
     
  4. .顕著な陰性食道内圧変動

b 睡眠中のいびき、吸気中の内側への胸部の動きに一致した、高炭酸ガス血症、不飽和の期間に以下の所見が少なくとも1つ認められる。
  1. 睡眠中の頻繁な覚醒

  2. 顕著な陰性食道内圧変動

E 他の睡眠障害、身体的あるいは神経学的疾患、投薬の影響、物質使用では説明できない。


Copyright © 2006-2007 Kaminsho-Land All Rights Reserved.