前に戻る 次へ進む
成人の閉塞性睡眠時無呼吸症候群
Obstructive sleep apnea, adult


ICDS(第2版)において、閉塞性睡眠時無呼吸症候群が成人と小児に細分類されました。


睡眠関連の呼吸イベントをどのように定義するかによって、本疾患の有病率の推定は異なってきます。無呼吸―低呼吸指数(AHI)が5回以上で、日中の過度の眠気が伴っているという基準では、男性の4%、女性の2%が該当します。


ICDS(第1版)では、AHIが5回以上で、日中の眠気などの自覚症状を伴う場合に閉塞性睡眠時無呼吸症候群と診断していましたが、第2版では、日中の眠気や倦怠感などの自覚症状がない場合でも、AHIが15回以上であれば、閉塞性睡眠時無呼吸症候群と診断できるように改正されました。


診断基準 (ICSD-2)

AとBとDを満たす、もしくはCとDを満たす。


A 少なくとも以下の1項目に該当する。
  1. 覚醒時の意図しない睡眠エピソード、日中の眠気、熟睡感がない、倦怠感、あるいは不眠の主訴がある。

  2. 呼吸停止、あえぎ、あるいは窒息感により目覚める。

  3. ベッドパートナーによる、大きないびき、あるいは呼吸停止の報告。

B 睡眠ポリグラフによる所見
  1. 1時間に5回以上の呼吸イベント(無呼吸、低呼吸、もしくはRERAs)

  2. 各呼吸イベントのすべて、あるいは一部で呼吸努力が認められる。(RERAの場合は、食道内圧の測定が好ましい)

C 睡眠ポリグラフによる所見
  1. 1時間に15回以上の呼吸イベント(無呼吸、低呼吸、もしくはRERAs)

  2. 各呼吸イベントのすべて、あるいは一部で呼吸努力が認められる。(RERAの場合は、食道内圧の測定が好ましい)

D 他の睡眠障害、身体的あるいは神経学的疾患、投薬の影響、物質使用では説明できない。


Copyright © 2006-2007 Kaminsho-Land All Rights Reserved.