上手な仮眠のとり方を教えてください。

夜間の睡眠が不足したり、ナルコレプシーのような過眠症で日中に眠気が生じる場合、短時間の仮眠をとると眠気を効果的に解消させることができます。ただし、仮眠のとり方を間違えると、かえって眠気や疲労感が増すことがありますので注意が必要です。

日中の仮眠から目覚めたときに、眠気や疲れが残ったままの状態を睡眠慣性といいます。様々な要因で睡眠慣性が出現しますが、典型的な要因としては、仮眠の時間が長すぎると爽快に目覚めることが難しくなります。 30分間以上の仮眠をとってしまうと、深い眠りである徐波睡眠に移行しやすいため目覚めが悪くなるのです。

効果的な仮眠時間は、個人差はありますが15分ぐらいが理想的で、それで十分な効果があります。ナルコレプシーの場合は、普段から規則正しい生活を心がけ、睡眠日誌をつけることにより日々の覚醒と睡眠のサイクルを知ることが重要です。そのうえで、可能であれば計画的な10分から30分以内の短い仮眠をとることが推奨されます。

Copyright © 2006-2008 Kaminsho-Land All Rights Reserved.