反復性過眠症の経過について教えてください。


思春期青年期に発症が多い疾患です。自然軽快する症例には性差があり、女性よりも男性のほうが多いとされています。慢性持続性の経過を辿る症例では、症状が悪化する時期と軽減する時期があるようです。しかしながら、通常年に数回の過眠エピソードが起こるという特徴から、症状の変化が自然経過の中の変動なのか、病状自体の変化なのか、あるいは治療効果なのか、その判断が容易ではありません。

 

Copyright © 2006-2007 Kaminsho-Land All Rights Reserved.