睡眠時無呼吸症候群と診断され、シーパップ(CPAP)療法を始めました。装置の装着による違和感はなくなってきましたが、一生続けないといけないのでしょうか?


CPAP療法は睡眠時無呼吸症候群の治療方法として健康保険適用(ただし、睡眠中の無呼吸低呼吸指数が20以上の場合)されています。CPAP療法により気道が広がり、いびきや無呼吸を防止することができます。しかしながら、あくまで対処療法ですから、病気の原因となっている肥満などの問題点を解消することが必要となります。それらによって、症状が解消されれば、もちろんCPAP療法を止めることができます。

 

Copyright © 2006-2009 Kaminsho-Land All Rights Reserved.