「死の四重奏」とは、どのような症状を指しているのでしょうか?


「死の四重奏」とはアメリカのカプラン医師が “the deadly quartet”というネーミングで1989年に初めて発表しました。

死に至る危険性がある生活習慣病として、肥満(内臓脂肪の蓄積)、高血圧症、高脂血症、糖尿病があげられ、これらの4つの症状が重なると心不全や脳梗塞などを発症する危険性が飛躍的に高まることが実証されています。すなわち、肥満、高血圧症、高脂血症、糖尿病が重なると死に至る可能性が高いので「死の四重奏」と言われるのです。

代表的な過眠症である睡眠時無呼吸症候群は、発症の主要原因として肥満があげられます。睡眠時無呼吸症候群になると睡眠中の酸素不足を引き起こし血管内皮細胞に障害を与え、糖尿病、高血圧、心不全、脳梗塞などの発症リスクを高めることが明らかとなっています。そのために、睡眠時無呼吸症候群を加えて「死の五重奏」という言葉も生まれています。

 

Copyright © 2006-2009 Kaminsho-Land All Rights Reserved.