レム睡眠行動障害とはどのような病気でしょうか?


鮮やかな夢を見ているときの睡眠状態がレム睡眠です。レム睡眠時には筋肉の緊張が積極的に抑制され消失するため、夢の中で飛び跳ねても体は動かず怪我をすることはありません。しかし、レム睡眠行動障害ではこの筋肉の緊張抑制のメカニズムが障害されるため、悪夢での行動と同じように体が動いてしまう特徴があります。夢の中で喧嘩をする、人に追いかけられるなどの内容に対応して、寝ぼけたまま叫んだり、隣で寝ている家族に暴力をふるったり、徘徊して自分が怪我をしたりします。特別な原因がなく発症する場合と、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの疾患に付随したり、先行して発症する場合があります。

診断は比較的容易です。この病気の場合、家族や寝起きを共にする人に故意で暴力をふるったり叫んだりするのではないことを理解してもらうことが重要です。クロナゼパム(ベンゾジアゼピン系薬剤)やクロミプラミンなどのレム睡眠抑制作用のある三環系抗うつ薬、メラトニン(日本では認可されていません)が治療に用いられます。


 

Copyright © 2006-2009 Kaminsho-Land All Rights Reserved.