睡眠薬とアルコールを一緒に飲むのはどうしてダメなのでしょうか?

アルコールと睡眠薬を併用すると両者の作用を強めてしまうことになるので、絶対に併用してはいけません。すなわち、睡眠薬と併用するとアルコールの効果が強く現れ、酩酊状態に陥りやすくなります。また、睡眠薬の副作用が強く現れる危険性が高まります。併用後の記憶がなくなったり、錯乱状態を呈する危険性も高まります。ですから、睡眠薬とアルコールは絶対に併用してはいけません。


Copyright © 2006-2008 Kaminsho-Land All Rights Reserved.