慢性的に夜の不眠で悩んでいます。終夜睡眠検査など何回か診察を受けましたが、診断の結果は特に問題はなく、睡眠状態誤認と言われました。睡眠状態誤認と言われても十分に納得できないのですが。


睡眠状態誤認とは、本人が眠れないと訴えているのに、夜間の脳波測定など様々な検査において異常が認められないことを言います。本人は寝ていないと感じているのに、実際は十分な睡眠を得ています。

その原因は一つではなく、多くの要因が関与していると考えられますが、性格的に神経質・几帳面・不安を持ちやすいなどの傾向がある人に起こりやすいです。医師から客観的な検査データを説明してもらい、問題がないことを再認識して安心感を得ることが重要です。セカンドオピニオンを持つことも大切でしょう。場合によっては、不安障害を専門とする医師への相談も必要かもしれません。

 

Copyright © 2006-2008 Kaminsho-Land All Rights Reserved.