反復睡眠潜時検査が保険適応になったと聞きましたが本当ですか?


2008年4月の保険医療費改訂により、反復睡眠潜時検査(MSLT)が保険医療費に基づく検査項目に採用されました。

ナルコレプシー、または特発性過眠症が強く疑われる患者に対し、診断の補助として、概ね2時間間隔で4回以上の睡眠検査を行った場合に、月に1回を限度に適応されます。なお、終夜睡眠ポリグラフィーを併せて行った場合は、主たるもののみに適応となります。

 

Copyright © 2006-2008 Kaminsho-Land All Rights Reserved.