●エプワース眠気尺度●                                           印刷用ページ


(日中の眠気の自己評価)(Epworth sleepiness scale)


日中の眠気評価のために幅広く用いられている自己評価尺度です。過眠症の診断においても自覚的な眠気の程度を把握するために用いられます。8項目の質問に対する総得点が12点以上の場合には、明らかな眠気があると判定されます。規則正しい生活の中で十分な睡眠時間を確保しているのにも関わらず高得点の状態が持続するようであれば、過眠症の可能性も考えられますのでお近くの睡眠障害の専門医にご相談してください。


(評価方法)

下記のような状況で、眠くて「うとうと」したり、眠りこんでしまうことがありますか?

この眠気には「疲れているだけの状態」を含まないので御注意ください。最近の平均的な昼間の状態についてお答え下さい。質問項目の中に、あなたが実際には経験していない状況がある場合は、仮にそうした状況だったら、どうなるかを考えて御記入下さい。


あなたの状態にもっとも近いと思われる番号(0、1、2、3)を○印で囲って下さい。



  眠気が起きる頻度→

状 況 ↓
眠くなることは、めったにない。 ときどきは眠くなる。 眠くなることが多い。 いつも眠くなる。
1 座って読書をしている時 0 1 2 3
2 テレビを見ている時 0 1 2 3
3 人が大勢いる場所(会議の席や劇場/映画館など)、じっと座っている時 0 1 2 3
4 他人が運転する車に、休憩なしで1時間ほど乗っている時 0 1 2 3
5 午後、横になって休憩している時 0 1 2 3
6 座って人と話をしている時 0 1 2 3
7 昼食後、静かに座っている時(飲酒はしていないものとする) 0 1 2 3
8 自分で車を運転中に、交通渋滞などで2,3分停車している時 0 1 2 3



合計点:    点 ( □ 0 〜 11  □ 12 〜 15  □ 16 〜 24 )
                                        □ 薬物使用中 (         )


(参考までに)
上記に掲載したエプワース眠気尺度の表現の変更ならびに一部の設問を変えた新しい日本語版 エプワース眠気尺度(JESS)が開発されました。ただし、商業目的、または政府機関での使用の場合は、使用許可の登録が必要となります。

Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.