目次に戻る 次へ進む

●金縛りは霊の仕業?●



金縛りにあったことがある人は意外と多いものです。体を動かそうとしても身動きがとれず、声も出せない状態は、日常とかけ離れた衝撃的な出来事に感じられます。さらには、金縛りにあっているときに、得体の知れない化け物のようなものを目撃することもあり、なおさら、そのときの体験が鮮明に残り、霊の仕業と思ってしまうものです。



中には、宇宙人や落ち武者を見た、幽体離脱を経験した、体を触られたり体内へ入ってくるような感覚を覚えたなど様々な恐怖体験を持つ人々がいます。これらは、本当に霊現象や怪奇現象なのでしょうか?実際に体験された方は、意識がはっきりしており夢ではなく現実のものという思いがあります。


このような現象を頻繁に体験すると自分は霊感が強いと思ったり、何かがとり憑いているとお払いをしたり引越しされたりする場合もあるでしょう。また、馬鹿にされると思い誰にも相談できずに一人で苦しんでいることもあるかもしれません。


しかしながら、これらの金縛りや霊体験は霊的なものではなく、医学的に証明された現象です。金縛りのことを医学的には、睡眠麻痺と呼んでいます寝入りばなに恐ろしいものを見た場合は、入眠時幻覚といいます。これらは、健康な場合でも起こりますが、病気の症状としても起こりますので、変に霊的な世界のものとして考えるのではなく、正しい知識を持つことが必要です。


Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.