目次に戻る 次へ進む

●いびきをかきやすい人●



1 肥満
肥満(特に首周りが太い)になるほど、「いびき」をかく割合が高くなります。肥満なればなるほど気道が圧迫され狭くなるからです。 肥満は1日で解消される性質のものではありませんから、「いびき」は常習化し様々な悪影響を及ぼす危険性が高まります。


2 寝不足・疲労
睡眠には脳や体の疲れを回復させるという重要な働きがあります。疲れているほど睡眠中の筋肉がゆるくなり気道を圧迫するためです。 疲労時だけの「いびき」は生理的な現象と言えますが、寝不足・疲労が毎日連続すると「いびき」も常習化し悪影響を及ぼします。それ以前に、寝不足・疲労が続くと様々な疾患や過労死の引き金になりますので、規則正しい生活が必要です。


3 飲酒
お酒を飲みすぎると「いびき」をかきやすくなります。アルコールには筋肉をゆるくする作用があり、気道が圧迫され狭くなるためです。さらに、アルコールにより気道粘膜が充血膨張するので、「いびき」が激しくなります。飲酒が習慣になると「いびき」も常習化し、様々な悪影響を及ぼします。飲酒により寝つきは良くなるかもしれませんが、睡眠の深さは浅くなりアルコールの利尿作用による尿意でお手洗いに立ちやすくなる、すなわち中途覚醒を起こしやすくなるという弊害があります。


4 薬物
睡眠薬、筋弛緩薬、精神安定剤などの薬には筋肉を弛緩させる作用があります。就寝前にこれらの薬を服用すると、睡眠中に舌筋や上気道開口筋がゆるみ気道を狭窄し、「いびき」をかきやすくなります。


5 鼻のアレルギーや鼻中隔弯曲症
アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症などがあると、呼吸による空気の通りが悪くなり、粘膜の抵抗が高まることによって「いびき」をかきやすくなります。また、鼻が悪いと口呼吸になりやすく、口呼吸は鼻呼吸よりも気道閉塞を起こしやすいため「いびき」につながります。


6 扁桃腺(口蓋扁桃)の肥大(アデノイド)
子供は通常、「いびき」をかきません。しかしながら、扁桃腺の肥大があると肥大が原因で慢性的な炎症を起こし「いびき」をかきやすくなります。また、炎症がなくても扁桃肥大により上気道閉塞を起こすこともあります。扁桃腺は3歳から10歳ぐらいの時に肥大する傾向があります。扁桃肥大が高度の場合には、成績低下の原因にもなります。


7 注意欠陥多動性障害(ADHD)
子供に多い疾患で、注意力の低下、学力低下、落ち着きのなさ、多動などの症状を呈します。近年、小児において、ADHD様の症状と「いびき」や睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘され始めています。


8 加齢
女性ホルモンが「いびき」を抑制することが報告されており、疫学的にも男性の方が「いびき」をかく割合が高いと言われています。閉経後の女性は男性と同じ程度まで「いびき症」や睡眠時無呼吸症の頻度が増えます。高齢になると筋力の衰えにより睡眠中の筋肉のゆるみが大きくなり「いびき」をかきやすくなる傾向があります。


9 アジア人(日本人)
アジア人は欧米人より肥満の比率が低いので「いびき」をかく人の割合が少ないのが当然と思うのですが、実際にはアジア人と欧米人で差がないようです。そればかりか、同じ肥満度の場合、アジア人の方が「いびき」が重症化しやすいのです。 これはアジア人の頭蓋骨の特徴によるもので、アジア人の顔の骨格の奥行きが欧米人より狭いため咽頭部の気道が狭窄しやすいのです。ですから、日本人の中でも、下あごが小さいほど、すなわちあごがほっそりした顔つきの人のほうが「いびき」をかきやすい傾向があります。

Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.