養生訓と睡眠7 目次に戻る 次へ進む

機慷楡厳院戮いまに伝える「『睡眠』ちょっといい話」


 『養生訓』という書物をご存じでしょうか。江戸時代の儒学者・貝原益軒(1630〜1714)が晩年、83歳のときにまとめた「健康な生活の暮し方についての指南書」です。300年ほど経ったいまも多くの訳書・解説書が出版され、健康本の原典として読み継がれ、まさに今日の健康ブームの原点がここにあるといっても過言ではありません。



 この『養生訓』には、養生のために、「4つの欲」を慎むことの重要性が語られています。4つの欲とは、「飲食の欲」「好色の欲」「眠りの欲」「言語をほしいままにする(ムダにしゃべりたがる)欲」です。
 「眠りの欲」を慎めば健康になれると説く『養生訓』。では、この書のなかで「睡眠」がどのように語られているのかを見ていきましょう。もちろん、300年経ったいまも、その正しさは変わらないという教訓もありますし、その後の睡眠研究によって「ちょっと違うかな?」と思うようなこともあるでしょう。そういったことを楽しんでもらうことも、「睡眠とは何か」を考えることにつながります。



(最終回)「寝方」にもコツがある!?
 養生訓・巻第二・総論下で貝原益軒は「夜更かしの害」を示しています。その項を引用してみましょう。
 「夜に読書をしたり、ひとと語りあったりするのは三更(さんこう。午前0時)を限度としなければならない。一夜を五更に分けると、三更は四つ半すぎから九つのあいだ(午後11時〜午前0時)である。深夜まで起きていると神経が高揚して静まらないからである。」(『養生訓』貝原益軒著/伊藤友信訳、講談社学術文庫)
 300年前、電気がなく庶民は油で灯りをつけていた時代から、「夜更かしすると神経が高ぶって眠れなくなる」といましめていたわけです。深夜のスマートフォンやパソコンなどのブルーライトが睡眠に与える影響が問題になっている今日、つくづく人間は「変われそうで変われない生き物」であることを痛感します。
 また、「寝るときの姿勢」については、巻第五・五官で、次のように述べています。 「夜寝るときは、かならずわきを下にして側臥の姿勢で寝ないといけない。仰向けはいけない。仰向けに寝ると気がふさがってうなされることがある。胸の上に手をおいてはいけない。寝入って気がふさがり、悪夢にうなされることがある。この二つは心がけなければいけない」



 いまは「仰向けはいけない」とは言えず、基本的には仰向けがいちばん全身への負荷が均等になる姿勢なので、これを基本にするべきという考え方になっています。おそらく、その背景には枕の存在もあるのではないでしょうか。枕の歴史は、富士ベッド工業の『枕博物館』などに詳しく紹介されています。それによると、江戸時代の枕は総じて現代よりも「堅めで高め」だったようです。そのことが気道や首などに負担のかかることになり、むしろ身体を横にしたほうが安眠を得られるとされていたのではないか、とも考えられます。  今日、寝具、なかでも枕に関する研究や技術開発は進み、快適な枕探しは安眠を得るうえで重要なテーマとなっています。



 さらに養生訓では、「寝入るまでの軽い運動」を推奨しています。この項は引用すると長くなるので、要点を列挙していきましょう。
〔欧蠅貌るまでは両足を伸ばしておく
¬欧蠅貌る前に両足を曲げて、脇を下にして横向きに寝るのがよい(獅子眠という)
0貳佞烹掬戮泙膿科屬蠅鯊任弔里よい
ざ擦篳△傍い滞ったら、足を伸ばして胸部や腹部を手でなで下ろし、上気する人は足の親指を盛んに動かすと気持ちがよくなる
チ圧、い諒法をとると、人によっては何度もあくびをして、滞った邪気を吐き出してしまうことがある。大きなあくびはしないほうがよい
μ欧蠅砲弔とき、口を下に向けない
両手の親指を曲げ、親指を他の四指で握って寝ると、手が胸の上をふさがないのでうなされない
┸欧訌阿蝋△磨發あると眠りに入ってからうなされて苦しむので、必ず吐き出さないといけない
夕食や夜食に気をふさぎ、痰の出るようなものを食べてはいけない



 なにやら「〜いけない」と説教めいた表現が続いていますが、軽い運動で身体を温めて、少しずつ冷えていく過程で入眠しやすくなるという考え方は、昔からあったのかもしれません。
 くわえて、「口を閉じて寝る」ことを次のような言葉で推奨しています。
 「夜寝るとき、寝巻きで顔を覆ってはいけない。気をふさいで、上気してのぼせる。また、寝るときは灯をつけたままではいけない。精神の安静が得られないからである。もしつけるならば、灯を細くしておおっておくがよい。眠るときは口をよく閉じること。口を開いたままで寝ると、真気をへらし、歯が早くぬけるのである」
 養生訓には睡眠について、これらほかにも何がよくて何がいけないか、細かくまとめられています。時代考証とともに、その教訓の意味などをひも解いていくと、江戸時代の睡眠と今日の睡眠の違いを習慣のなかに探ることもできます。




 
Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.