養生訓と睡眠7 目次に戻る 次へ進む

機慷楡厳院戮いまに伝える「『睡眠』ちょっといい話」


 『養生訓』という書物をご存じでしょうか。江戸時代の儒学者・貝原益軒(1630〜1714)が晩年、83歳のときにまとめた「健康な生活の暮し方についての指南書」です。300年ほど経ったいまも多くの訳書・解説書が出版され、健康本の原典として読み継がれ、まさに今日の健康ブームの原点がここにあるといっても過言ではありません。



 この『養生訓』には、養生のために、「4つの欲」を慎むことの重要性が語られています。4つの欲とは、「飲食の欲」「好色の欲」「眠りの欲」「言語をほしいままにする(ムダにしゃべりたがる)欲」です。
 「眠りの欲」を慎めば健康になれると説く『養生訓』。では、この書のなかで「睡眠」がどのように語られているのかを見ていきましょう。もちろん、300年経ったいまも、その正しさは変わらないという教訓もありますし、その後の睡眠研究によって「ちょっと違うかな?」と思うようなこともあるでしょう。そういったことを楽しんでもらうことも、「睡眠とは何か」を考えることにつながります。



(7)「昼寝」は厳禁!?
 養生訓・巻第一・総論下で貝原益軒は「昼寝は禁止だ」と示しています。前回取り上げた「寝る時間を少なくする」の項を一歩進め、明確に「禁止だ!」と述べているようでもあります。その項を少し引用してみましょう。
 「日の長い時節でも昼寝はいけない。日が長いので、人によっては夜になるとすぐに眠ることを心配するだろうが、それを防ぐには晩食のあと身体を動かし、歩行し、日没のころから横になって体気を休めることもよい。横になっても眠ってはいけない。眠ると身体にきわめてわるい。眠らなくても長く横になっていてもいけない。燈火のつく夕方には起きていなければならない。
 こうすれば夜になっても身体に力があって、すぐに眠くはならない。日没のころ、できれば横にならないですむなら、それが最も望ましい」(『養生訓』貝原益軒著/伊藤友信訳、講談社学術文庫)
 この項は受け取り方によっては、貝原益軒が昼寝をヒステリックに忌避していると感じる人がいるかもしれません。ただし、『養生訓』が記された当時といまでは、人々の時間の概念が異なり、日常生活、経済活動のありようも異なります。そうした前提を踏まえて、養生訓では昼寝に関してどのように語られているのかを知ることも大切です。



 まず、養生訓で「昼寝は禁止」と述べた背景を考えてみましょう。なぜなら、まず、「江戸時代は、現代に比べて昼寝の習慣が根づいていた」と考えられるからです。事の真偽は定かではありませんが、「やっていること(ここでは昼寝)が目に余るので、やめさせたほうがよいと思った」といった思考の流れを考えれば、筋が通るのです。
 では、江戸時代の昼寝とはどんなものだったかを探ってみましょう。菊池貴一郎という人が編集した『江戸府内絵本風俗往来』という本になかに、こんな記述があります(わかりやすく表現を加えています)。



 午睡(ひるね)
 真夏の頃は、昼ご飯を終わるや否や激しい睡気を催し、市中も道路の往来も日光の強さに耐えかねて、時が止まったかのように、自然も何もかも音を立てていることが聞こえないくらいに静まり返り、職人は肘枕で昼寝をし、お店では算盤にもたれる商人もいれば、硯箱に肱をついて寝る老番頭もいれば、船漕ぎをする小僧もいる。お勝手のほうにいる女中は思い思いで陰に隠れて眠り、奥では子どもを寝かしながら、母親も「への字」になって寝て、どこでも同じいびきが聞こえる。昼ご飯のあとは昼寝と決まっているかのごとく眼が覚えているようだ。気楽な世代と笑われるだろうが、江戸の習慣とはいえ、恥ずかしいものだ。



 なんとなく、庶民の生活が想像できますね。「欲するままに眠りたいだけ寝てしまう……それじゃ、いかん!」という貝原益軒の主張もうなずけます。
 では、当時の時間感覚は? というと、養生訓と睡眠3で述べたとおり、不定時法だったと考えられます。1日を24時間に等分する定時法ではなく、日の出から日の入りまでの時間を6等分していたわけです。当然ながら、季節によって時刻の長さが異なり、夏至の頃は計算上、1刻が2時間半くらいになり、冬至の頃は1刻が2時間足らずになります。
 江戸時代は生産量や生産効率を向上させるしくみは日本にはまだ浸透していないはずですから、この1刻でやっていく仕事、家事などの量についてほとんど変わらないとすると、とくに夏は空き時間が増え、そこで何をするか……日光を避けてゆっくり昼寝をしていたというわけです。



 このような生活をうらやましいと思う人もいるでしょう。しかし、その一方で、「本当にそれでいいのだろうか」と考える人もいるはずです。おそらく、この時代の生活習慣をそのまま維持していたら、その後の経済発展や長寿社会は実現できません。一方で、「そんな発展や長寿なんていらない」と考えてしまっては、論点がすり替わってしまいます。
 養生訓の編まれた時代は、そのような人間としての社会生活のなかで、養生のためには何をすべきか、その折り合いをつけるかを探っていた時期なのかもしれません。そのため、「欲のままに生きるのはよくない。睡眠も同じ。せめて、日の長い時節は晩ご飯後にも少しは動いて、昼間は横になっても眠ってしまわないように、あわせて長く横になることはしないように。そして、油に火を点す頃は起きていないとダメで、日が暮れる頃に横にならないですむ生活をしないといけませんよ」と諭しているのです。




Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.