目次に戻る 次へ進む

睡眠不足が続くと日中に疲れが残り、思考能力が低下します。体調を崩すことさえあります。睡眠は健全な身体機能を維持するために欠かせないものです。身体機能の維持には自律神経の働きを無視することはできません。




自律神経には交感神経と副交感神経があります。どちらも自分の意思で動かすことはできません。交感神経が活発になると血圧、心拍数、血糖値が上昇し、筋肉の緊張が高まりストレスに対応しやすい状態を作ります。副交感神経が活発になると、血圧低下や筋肉の弛緩が認められリラックス状態を作ります。眠りに入りノンレム睡眠が始まる状態では、交感神経の働きが弱まって副交感神経が優位になります。ですから、ノンレム睡眠時には血圧が低下し、心拍数や呼吸数が減少します。

   

レム睡眠時には自律神経の活動の乱れが起こり、血圧、心拍数、呼吸数が大きく変動します。特に明け方は自律神経の嵐と呼ばれ、自律神経系の状態が不安定になります。血圧や心臓に関わる病気が起こったり悪化したりしやすい時間帯です。早朝に脳卒中や心臓発作を起こしやすいのは、自律神経が不安定であり、血圧が上昇しやすいためと言われています。
Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.