目次に戻る 次へ進む

機慷楡厳院戮いまに伝える「『睡眠』ちょっといい話」


 『養生訓』という書物をご存じでしょうか。江戸時代の儒学者・貝原益軒(1630〜1714)が晩年、83歳のときにまとめた「健康な生活の暮し方についての指南書」です。300年ほど経ったいまも多くの訳書・解説書が出版され、健康本の原典として読み継がれ、まさに今日の健康ブームの原点がここにあるといっても過言ではありません。



 この『養生訓』には、養生のために、「4つの欲」を慎むことの重要性が語られています。4つの欲とは、「飲食の欲」「好色の欲」「眠りの欲」「言語をほしいままにする(ムダにしゃべりたがる)欲」です。
 「眠りの欲」を慎めば健康になれると説く『養生訓』。では、この書のなかで「睡眠」がどのように語られているのかを見ていきましょう。もちろん、300年経ったいまも、その正しさは変わらないという教訓もありますし、その後の睡眠研究によって「ちょっと違うかな?」と思うようなこともあるでしょう。そういったことを楽しんでもらうことも、「睡眠とは何か」を考えることにつながります。



(5)環境変化に伴う「睡眠と養生」
 養生訓・巻第一・総論上「睡眠と養生」で、飲食、好色とあわせて睡眠欲を慎むことの重要性を述べています。直接、「睡眠」という言葉をテーマにした訓話。少し長くなりますが、引用してみましょう。
「昔のひとは三欲を我慢せよ、といっている。三欲というのは、飲食の欲、好色の欲、睡眠の欲である。飲食を節制し、色欲を慎み、睡眠を少なくなることは、みな欲を我慢することである。飲食と色欲を慎むことはよく知られている。だが、睡眠の欲をこらえて眠りを少なくすることが養生の道である、とは意外に知られていない。
 睡眠を少なくすれば病気にかからなくなるのは、元気がよく循環するからである。睡眠が多いと元気が停滞して病いとなる。夜ふけて床について寝るのはよい。昼寝はもっとも有害である。日暮れて間もなく寝ると飲食したものが消化しきれないので、害になる。とくに朝夕において飲食がまだ消化しないで元気がまだ巡らないときに早く寝ると、飲食が停滞して元気を害するのである。



 個人が睡眠の欲を飲食とともに三欲としているのはもっともである。なまけて寝ることを好むくせがつくと、睡眠が多くなってこらえられなくなる。睡眠をこらえる苦しみもまた、飲食や食欲と同じである。最初から強くこらえられないと堪えられない。つねづね睡眠を少なくしようと努めれば、習慣になって自然に睡眠が少なくなる。日頃から少なく眠る習慣をつけることが大切である。」(『養生訓』貝原益軒著/伊藤友信訳、講談社学術文庫)
 養生訓では、睡眠は欲の一つとして、「眠りすぎはよくない」「眠りは少なくせよ」と語られています。たしかに、このことは今日でも重要な真実の一つです。
 ところが、現実の睡眠事情を見ると、国民の睡眠時間は減少し、そのため、もう少しちゃんと寝たほうがよいのではないか、睡眠の質を高めるべきではないかということがむしろ一般的には話題になっています。『養生訓』の時代とは、睡眠をめぐる外部環境が変わったのかもしれません。



 睡眠の悩みは一般に、不眠と呼ばれる「眠りたくても眠れないこと」だと思われがちです。ところが最近は、「日中に眠くてしかたがない」「眠くて朝、起きられない」という悩みが増えています。
 たしかに、この30年ほどで、日本人の平均睡眠時間は1時間ほど短くなり、とくに女性の睡眠時間の減少は顕著です。そのため必要な睡眠が確保できず、睡眠不足で「眠い」という悩みが増えたのです。
 特に日本では中高生以下の子ども世代の睡眠時間が短くなり、中学生の睡眠時間では世界トップクラスの短さで、小学校低学年でさえも「もっと眠りたい」と考えている子どもが多いとのこと。中高生の多くが「睡眠時間が足りない」と訴え、就学以前の子どもも親の生活習慣につられて遅寝や睡眠不足が増えているわけですから、「長く寝すぎるのは、元気のためにもよくない」といわれた江戸時代とは、事情がまったく逆転したといえます。



 では、現代において十分な睡眠を取るためにどんな点に気をつけたらよいか。いくつかのヒントを挙げましょう。まず、眠気を調節するしくみを理解し、日中のすごし方を見直すことです。
 睡眠は欲望の一つですから、思うように寝ることは生理的には一定程度、ふさわしいといっても、社会生活上は一定の制御を行わないといけません。そのためには、なぜ眠気が起こるのか、眠気を調節するしくみを理解することが大事です。
 眠気を調節するコツは、実は寝るときよりも、「日中の活動」にあります。人は本来、起きて活動している間に眠気が貯まり、眠ると眠気が減るものです。これは恒常性維持機構(ホメオスターシス)と呼ばれるしくみが働いているのです。
 人間が本来維持している身体のしくみを有効に働かせるには、「夜どのように寝るのがよいか」を考える以上に、「日中どのように起きているのがよいか」を考え、日中に眠気が溜まるすごし方を考えることも大切です。養生訓では、「昼寝はよくない、害である」と述べていますが、そのココロは、「日中は眠気を溜めるようなすごし方をしましょう」ということになります。
 この点で、「睡眠と身体、脳の関係」も最近になってわかってきたことが増えてきました。それを一言で述べると、「人間は身体よりむしろ脳が疲れると眠気が増し、脳を休めるために眠る」ということです。



 日中の活動で眠気が強まるのは、身体を動かす指令を出す脳も疲れるからです。単にボーッと起きているだけでは脳が疲れないので、ゆっくり休めたと思っても、結局、よく眠れません。江戸時代はきっと、「身体を休めるため」に眠ると思っていたでしょうが、眠ることは身体以上に脳を休めるためというでもあります。
 ですから、高齢者で「夜眠れなくて体力が回復していないので、昼は家でゆっくりしている」「眠れていないから、日中元気が出ない」「朝早く目が覚めてしまうので、そのぶん夜早く布団に入る」という場合は、間違った考え方をしているかも? と疑ってみましょう。「昼に家でゆっくりしていたから眠気が貯まらず、夜に眠れない」と、昼を中心に考え、「眠れない原因は夜にではなく、昼間にある」と考えるのです。
 小難しくいうと、原因と結果を逆に考えるということ。睡眠を目的とは考えず、結果と捉え、日中に元気を出す方法をまず考えることになります。



 この身体のリズムのなかで、眠気にもリズムがあります。1日のなかで大小の波があり、人間は小さな波が1〜2時間周期で繰り返し、大きな波は1日2回で、午後と深夜に最大になります。昼食後に眠くなるのは、食事で満腹になったことよりもリズムの影響が大きい可能性もあります。なぜなら、昼食を抜いても午後に眠くなることがよくあるからです。
 眠気のリズムは波ですから、強くなるのとは逆に、1日2回、午前中と夜に眠気が弱くなる時間帯があります。とくに夜のほうは大切で、普段、眠る時間の2時間くらい前からは、眠気が弱まります。一般的には19時〜21時くらいと考えてよいでしょう。これが「睡眠禁止帯(または覚醒維持帯)と呼ばれる時間帯です。1986年、イスラエルの睡眠学者のラヴィ教授が、生理的に眠れない睡眠禁止帯が19時付近であることを発表しました。



 断定はできませんが、江戸時代に「睡眠禁止帯」という概念はなかったはずです。しかし、概念はなくとも、江戸時代の人にも睡眠禁止帯は人間本来の機能として備わっていて、眠りたいのに眠れない時間があるということは本能的に感じていたでしょう。
 きっと、その時間は寝床に入っても寝られないので”夫婦の夜の営み”の時間が本来的に備わっていたのかという理由を考えると、それも自然の摂理といえそうです。



Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.