目次に戻る 次へ進む

機慷楡厳院戮いまに伝える「『睡眠』ちょっといい話」


 『養生訓』という書物をご存じでしょうか。江戸時代の儒学者・貝原益軒(1630〜1714)が晩年、83歳のときにまとめた「健康な生活の暮し方についての指南書」です。300年ほど経ったいまも多くの訳書・解説書が出版され、健康本の原典として読み継がれ、まさに今日の健康ブームの原点がここにあるといっても過言ではありません。



 この『養生訓』には、養生のために、「4つの欲」を慎むことの重要性が語られています。4つの欲とは、「飲食の欲」「好色の欲」「眠りの欲」「言語をほしいままにする(ムダにしゃべりたがる)欲」です。
 「眠りの欲」を慎めば健康になれると説く『養生訓』。では、この書のなかで「睡眠」がどのように語られているのかを見ていきましょう。もちろん、300年経ったいまも、その正しさは変わらないという教訓もありますし、その後の睡眠研究によって「ちょっと違うかな?」と思うようなこともあるでしょう。そういったことを楽しんでもらうことも、「睡眠とは何か」を考えることにつながります。



(3)養生を害するもの
 養生訓・巻第一・総論上「養生を害するもの」に、睡眠は次のように記されています。
 「養生を害するものが二つある。元気を減らすことと元気をとどこおらせることである。飲食・色欲・労働が過度になれば、元気がなくなる。また飲食・娯楽・睡眠も過ぎれば、気力が衰える。消耗と停滞とは、ともに元気をそこなうのである。」(『養生訓』貝原益軒著/伊藤友信訳、講談社学術文庫)
 養生訓のいう「元気」とは、東洋医学の用語であり、生命活動の原動力となる「気」のことと考えてよいでしょう。説明が少しむずかしくなるので、一般に「元気がある・元気がない」といった言い方をされているときの「元気」と考えてもいっこうにかまわないように思います。



 さて、睡眠も過ぎれば気力が衰え、元気をそこなってしまうとのことですが、いったい江戸時代の人は何時間くらい寝ていたのでしょうか。確かなデータは見当たりませんが、いろいろな史実から類推してみましょう。
 江戸時代は、現代とは異なり「不定時法」という時刻に対する考え方をしていたとされています。わかりやすく説明すると、夜明け前と夕暮れ時を基準にして、昼を6等分、夜を6等分し、この6等分されたものを「一つ(一とき)」といいます。いわば時刻が季節によって変わる考え方です。現在は1時間=60分ですが、江戸時代は、たとえば夏の昼の「一つ(一とき)」は長くて夜は短く、冬は昼の「一つ(一とき)が短くて夜は長くなります。自然に合わせた生活だったわけで、正確に時を刻む時計のない江戸時代の生活では「明るい時は昼、暗い時は夜」とわかりやすく考えていたようです。



 この不定時法で、日の出を明け六つとしていて、日の入りが暮れ六つとなります。当時、「油一升、米三升」といわれたように、灯りをとる菜種油は米の約3倍もするほど高価なものでした。そのため、日の出(明け六つ)に起き、日の入り(暮れ六つ)に寝る生活だったとすると、睡眠時間は夏至の頃は夜8時から朝4時までの8時間、冬至の頃だと夜6時から朝6時までの12時間、その間にある春分や秋分の頃で10時間くらいということになります。



 今日の日本人の平均睡眠時間は、NHKが2000年に行った国民生活時間調査によると7時間23分で、2010年の同じ調査のでは7時間14分となっています。東京に限っていうと、ウェアラブルデバイスメーカーのジョウボーン社が行った主要都市の睡眠時間調査では、5時間46分でした。
 この点からすると、江戸時代は睡眠時間が今日よりはるかに長く、睡眠不足よりむしろ睡眠過多に用心したほうがよいと考えるのが自然だったのかもしれません。『養生訓』でも、「寝すぎはよくない」「昼寝は厳禁」といったことが多く語られていますが、この状態は今日とは隔世の感があるとすらいえます。



 では、当時、暮れ六つから明け六つまで本当にみんな寝ていたのでしょうか。江戸時代、貿易で名を馳せた長崎の住友家の商店に、「店は朝六つ時に開き、夜は四つ時に鍵をおろすべし」という家訓があったとされています。概ね午前6時頃には日の出とともに店を開け、午後10時頃に店を閉めていたことになります。今日のビジネスマンと比べると、ちょっと超勤時間が長い状態です。正確に言うと、店を開けるまでの時間、店を閉めたあとの時間など細かな計算はありますが、この家訓を逆に捉えると、睡眠時間は8時間くらいになります。



 当時、超多忙なビジネスマンの睡眠時間でも、8時間くらいは確保できていた……、そう考えると、『養生訓』が書かれた時代、睡眠が不足することによって睡眠障害が生じる可能性は極端に低かったといえるのかもしれません。
 250年以上の時を経て、日本で初めて睡眠時無呼吸症候群の存在が報告されたのは1975年のこと。さらに、その約30年後の2008年に、愛知医科大学に睡眠障害全般を専門とする診療科として、日本で初めて『睡眠科』が誕生しました。今日の日本において、睡眠に関する問題はまさに『養生訓』が書かれた時代には想像もつかないほど急速に大きなテーマとなっているのです。



Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.