目次に戻る 次へ進む

機慷楡厳院戮いまに伝える「『睡眠』ちょっといい話」


 『養生訓』という書物をご存じでしょうか。江戸時代の儒学者・貝原益軒(1630〜1714)が晩年、83歳のときにまとめた「健康な生活の暮し方についての指南書」です。300年ほど経ったいまも多くの訳書・解説書が出版され、健康本の原典として読み継がれ、まさに今日の健康ブームの原点がここにあるといっても過言ではありません。



 この『養生訓』には、養生のために、「4つの欲」を慎むことの重要性が語られています。4つの欲とは、「飲食の欲」「好色の欲」「眠りの欲」「言語をほしいままにする(ムダにしゃべりたがる)欲」です。
 「眠りの欲」を慎めば健康になれると説く『養生訓』。では、この書のなかで「睡眠」がどのように語られているのかを見ていきましょう。もちろん、300年経ったいまも、その正しさは変わらないという教訓もありますし、その後の睡眠研究によって「ちょっと違うかな?」と思うようなこともあるでしょう。そういったことを楽しんでもらうことも、「睡眠とは何か」を考えることにつながります。



(2)七情を慎む
 養生訓・巻第一・総論上「七情を慎む」に、睡眠は次のように記されています。
 「さて養生の道の根本は、内欲をおさえる(我慢する)ことである。……(中略)
……では、いかにして内欲をおさえることができるのか。
 それは飲食を適度にして過食をせず、脾臓と胃とを傷つけて病いを誘発するものを食べないこと。また色欲を慎み、精力をたくわえ、正しく睡眠をとり、長時間眠ることや坐ることをさけて、ほどよく運動をして気の転換をはかることなどによるのである。



 ことに食後はかならず数百歩の散歩がよい。食後に安坐したり、昼寝をしたり、食べたものがまだ消化していないのに早く眠ってしまう習慣をつけると、身体に滞りが生じて病気となり、繰り返しているうちに衰弱する。……(省略)」(『養生訓』貝原益軒著/伊藤友信訳、講談社学術文庫)
 七情とは喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の欲のこと。この七情という内欲を抑え、慎むこととして「正しく睡眠をとり、長時間眠り、昼寝をしたり、食べたものがまだ消化していないのに早く眠ってしまう習慣をつけない」ほうがよいとしています。では、このなかで、「食後に寝てしまう」ことに対して今日の医学はどのような研究を進めているのでしょうか。



 まず、食後になぜ眠くなるのか、です。それは、「食物にはグルコース(ブドウ糖)と呼ばれる糖分が含まれていて、その糖分が脳細胞に作用することによって、人間を覚醒状態に保つために必要なオレキシンというタンパク質の生成を妨害するから」であると理解されています。そして、食後にすぐ眠ることによる影響には、一般的に次のようなことが知られています。
^濟兇逆流しやすくなり、逆流性食道炎になる可能性がある
脳への血流が不足し、脳卒中など様々なリスクが高まる
0澆貌睛栃が長時間留まることになり、睡眠の質が悪くなる
ぞ嘆週’修低下し、太りやすくなる



 ところで、食後しばらくはゆっくり休憩したほうがよい、という意見も根強くあります。この点は、どう考えたらよいのでしょうか。
 ひと言で言うと、「食後すぐに横になるのはよいが、眠るのはよくない」ということです。食後すぐに身体を動かすと、血液が筋肉のほうに回って胃や腸へ回らなくなってしまい、食べ物を十分に消化できません。そこで、食べ物の消化を促すには、食後は横になり胃や腸の働きを促すのが得策だということになります。
 ところが、食後すぐ横になって身体を休めるのではなく、眠ってしまうと、BMAL1(ビーマルワン)という体内時計を調整するたんぱく質の働きとの間で齟齬が生じます。BMAL1は量が多いと脂肪の蓄積を促進し、その働きは起床してから18時間ほどでピークになります。朝7時くらいに起床している人は、深夜1〜2時くらいがピークになるので、夜遅い時間に食事をとり、すぐ眠ってしまう人ほど、脂肪を蓄積するリスクが高まることになるのです。



 なお、「食べてすぐ眠ると、脳卒中のリスクが高まる」という点については、次のようなレポートもあります。「夕食後、就寝までの時間が1時間以上ある人は、すぐ寝る人より、脳卒中のリスクが大幅に低下する」と、1000人のデータを含む研究が示しているのです。
 これは、ギリシャのイオアニナ大学医学部のクリスティーナ・マリア・カストリニ氏らが、欧州の心臓病学会の年次総会で発表した報告です。その報告では、夕食の終了から就寝時刻までの間が20分間増えるごとに、脳卒中のリスクが10パーセント低下することがわかりました。
 調査の手法はアンケートです。500人の健康な人、250人の初めて脳梗塞を起こした患者、250人の心筋梗塞などの冠動脈イベントを初めて起こした急性冠症候群の患者にアンケートを行ったところ、夕食後、1時間以内に就寝した人々と比べて、夕食を終えて60〜70分間後に就寝した人は脳卒中のリスクが66パーセント低いことが示されました。さらに夕食後、70分から2時間経過後に就寝した人は、脳卒中のリスクが76パーセント低くなったとのことです。
 この分析は、夕食から就寝時刻までの時間と脳卒中のリスクの因果関係を立証してはいません。また、食後すぐ眠ることが脳卒中のリスクを上昇させる理由も明らかにしてはいません。ただし、「食後すぐに眠ることは逆流性胃腸炎のリスクにつながり、これが脳卒中のリスク要素でもある睡眠時無呼吸につながるのかもしれない」とし、「食事をすると血糖値やコレステロール値が上昇して血流が変化し、それが脳卒中のリスクに影響するのではないか」と語る医師もいます。



Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.