目次に戻る 次へ進む

機慷楡厳院戮いまに伝える「『睡眠』ちょっといい話」


 『養生訓』という書物をご存じでしょうか。江戸時代の儒学者・貝原益軒(1630〜1714)が晩年、83歳のときにまとめた「健康な生活の暮し方についての指南書」です。300年ほど経ったいまも多くの訳書・解説書が出版され、健康本の原典として読み継がれ、まさに今日の健康ブームの原点がここにあるといっても過言ではありません。



 この『養生訓』には、養生のために、「4つの欲」を慎むことの重要性が語られています。4つの欲とは、「飲食の欲」「好色の欲」「眠りの欲」「言語をほしいままにする(ムダにしゃべりたがる)欲」です。
 「眠りの欲」を慎めば健康になれると説く『養生訓』。では、この書のなかで「睡眠」がどのように語られているのかを見ていきましょう。もちろん、300年経ったいまも、その正しさは変わらないという教訓もありますし、その後の睡眠研究によって「ちょっと違うかな?」と思うようなこともあるでしょう。そういったことを楽しんでもらうことも、「睡眠とは何か」を考えることにつながります。



(1)内なる欲望と外なる邪気
 養生訓・巻第一・総論上に、睡眠は次のように記されています。
 「養生法の第一は、自分の身体をそこなう物を除去することである。身体をそこなう物とは内から生ずる欲望と外からやってくる邪気とである。
 前者は、飲食の欲、好色の欲、眠りの欲、言語をほしいままにする欲や、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七情の欲をいう。後者は、風・寒・暑・湿の天の四気をいうのである。
 そこで内から生ずる欲望をこらえて少なくし、外部からくる邪気を恐れて防ぐことができれば、たえず健康で元気はつらつとして、病気にかからず天寿を全うすることができよう」(『養生訓』貝原益軒著/伊藤友信訳、講談社学術文庫)
 睡眠は内なる欲望と外なる邪気のうち、内なる欲望の一つとして「こらえて少なくしたほうがよい」ということです。もちろん、程度問題はありますが、「眠りたいと思う欲望のまま眠りすぎることは、健康のためにもよいことではない」ということです。



 このことは、今日、いくつかの研究レポートでも明らかにされています。
 その一つとして、米国睡眠医学アカデミー(American Academy of Sleep Medicine)が、45歳以上の5万4000人を対象として行った調査があります。
 睡眠不足が心筋梗塞や脳卒中、糖尿病、肥満、うつ病など、いわゆる生活習慣病にかかるリスクを高めることはすでにわかっていて、一般的にも認知されていますが、一方で、毎日10時間以上寝ている人も、睡眠不足の人と同じくらいリスクを背負っていることが明らかになったのです。心筋梗塞や脳卒中、糖尿病に限って見ると、睡眠時間が短い人よりさらにリスクが高いことがわかりました。



 また、米国のコロンビア大学とニューヨークにあるマドリード大学病院が合同で行った3年間の実験調査では、脳の老化と睡眠の長さに関連があるとしています。 60歳〜70歳の男女2700人を対象にした実験のレポートによると、1日の睡眠時間が平均9時間以上の人たちは、睡眠時間が平均6〜8時間の人たちと比較して脳の衰えが著しく、実験期間の3年間で見えた「脳の老い」の差がとても大きかったそうです。
 このように、睡眠不足は大変なことに加え、「寝すぎもよくない」と江戸時代からいわれてきたことについても、いま、科学的な証明が出てきつつあるのです。
 『養生訓』が記された時代は、このような国内外の研究もなく、その報告などをまったく知る術のなかった時代。もちろん、その時代には「睡眠の質」という概念はなかったはずですが、その時代からいわれてきた「健康・長寿にとって睡眠も重要である」ということを一度見直してみるのも、よいことかもしれません。



Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.