目次に戻る 次へ進む

●睡眠時無呼吸症候群とは?●


睡眠中に大いびきをかき、一時的な呼吸停止を繰り返す病気です。英語名の頭文字をとって「サス(SAS)」とも呼ばれています。


一般的に、いびきは熟睡の証拠と思われがちですが、これは大きな誤解です。この病気では、一時的な呼吸停止により深い睡眠を得ることができずに、慢性的な熟眠障害の状態になります。そのために、日中に過度の眠気が出現します、さらには慢性的な頭重感や疲労感などの身体症状も現れます。放置しておくと脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす原因にもなり危険です。大いびきは、睡眠時無呼吸症候群のサインかもしれません。
Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.