目次に戻る 次へ進む

●その他の症状●


夜間熟眠障害


ナルコレプシーでは、寝つきはいいのですが、病気の経過とともに、夜間の就寝中に何度も目を覚ましてしまうという睡眠の断片化が生じるようになります。。


自動症


眠気に我慢して日常的な行動を行っているときに、意識は浅い睡眠状態となりその間の記憶がないことがあります。無意識下に行動しているため、目的とは異なる知らないところを歩いていたなどの奇妙な行動をとっていることが多いです。


その他の症状


頭重憾、頭痛、かすみ目などの症状がでることもあります。そのほかに、日中の眠気や居眠りという主症状が及ぼす社会的ストレスも無視することはできません。自己主張が少なく、あきらめやすく、人の良い性格になる場合もあります。


Copyright © 2006 Kaminsho-Land All Rights Reserved.